BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

初心者は知らない仮想通貨市場内の資金移動:勝てるトレーダーになるためにお金の流れを把握しよう

仮想通貨市場から流出するお金

2017年と比べて2018年は仮想通貨市場で利益を上げることが難しくなっています。その理由は2017年と違い、仮想通貨市場から大規模な資金流出が発生しているからです。

これまで爆発的な市場拡大をしていなかった仮想通貨市場は2017年の暴騰で時価総額が高騰したため、今後は仮想通貨市場が伸びたとしてもそれと同じ勢いで資金流出もしていきます。

では、具体的にどういった理由で仮想通貨市場から資金が流出しているのでしょうか。実際の例を3つ見ていきます。

1. 新規発行コインの売却

ビットコインは10分間に12.5枚のペースで採掘=発行され続けています。これは、

  • 1日あたり1800枚
  • 1月あたり5万4000枚
  • 1年あたり65万枚

のビットコインが新たに採掘されていることになります。ビットコイン1枚=約100万円として計算すると、

  • 1日あたり18億円
  • 1月あたり540億円
  • 1年あたり6500億円

毎日18億円相当のビットコインが新たに採掘され、その一部はビットコイン採掘業者がマイニング費用=電気代をまかなうために市場で売却されています。そして採掘されているのはビットコインだけではありません。イーサリアムも、ライトコインもモナコインも、何百という数の通貨が毎日マイニングされていて、それらが市場で売られているのです。

  • ポイント:ビットコイン採掘業者は事業費を払うためにビットコインを現金化する
  • ポイント:採掘可能な通貨の数が増加しマイナーが増えれば増えるほど市場から資金が抜けていく

つまり、売却される金額よりも多くのお金が仮想通貨市場に入らない限り仮想通貨市場は縮小していきます。2017年のような大規模資金流入が続けば市場は拡大しますが、流入するお金が少ないとビットコインを含めたすべての仮想通貨価格が下落します。

2. ICOプロジェクトの現金化

ビットコインの採掘業者が電気代にかかる費用を賄うためにビットコインを現金化するのと同じように、ICOプロジェクトはプロジェクトが手に入れたイーサやビットコインを資金に換金するため市場で売却します。

現実世界の支払いでビットコインをはじめとする仮想通貨が使えれば別ですが、ICOプロジェクトは運営資金(人件費やオフィス費用、プロモーション費用など)を確保するため現金化します。

つまり大規模なICOが増えれば増えるほど、仮想通貨市場から資金が抜けていくことになります。例えば2018年の3月は4000億円相当の仮想通貨がICOを通して集められました。これらが売却されるとした場合のインパクトは凄まじいものです。

  • ポイント:ICOプロジェクトは手に入れた仮想通貨を売却する

3. 税金支払いのための売り圧力

税金支払いについても同様です。多くの国では納税をFIAT(日本円や米ドル、中国元など)でしか受け付けていないため、多くの納税者は税金を確保するために仮想通貨資産の一部を毎年売却する必要があります。

一部の国や地域ではビットコインでの納税も受け付けていますが、こうした行政機関も受け取った仮想通貨を売却するためこの場合でも税金は売り圧力になるでしょう。

  • ポイント:納税のために仮想通貨を売却する必要がある

特に日本のように仮想通貨利益に対する税率が高い国では毎年「納税売り」というような大きな資金流出が予想されます。そう考えると日本人の間で人気の高い通貨は納税売り時期にホールドしておくことはあまり得策とは言えません。

  • 日本人の間で人気の高い通貨は納税売りの影響が大きい

流入するお金>流出するお金

これまで見てきた、

  • 新規発行コインの売却
  • ICOプロジェクトの現金化
  • 税金支払いのための売り圧力

を見ると仮想通貨市場において流入するお金>流出するお金の式が完成しない限り、局所的な上昇、資産の移動が起きるだけで市場全体がよくなることはないと分かります。

2017年までは市場がそこまで大きくなかったため市場規模の拡大は容易でしたが、今後はさらに大規模な資金流入が来ない限り仮想通貨市場は伸びていきません。

そしてこれらの要因を見ると、これからの仮想通貨市場に悲観的になるのも理解できます。ある程度、仮想通貨投資を長期間行なっているトレーダーの間で仮想通貨市場の先行きに悲観的な人が増えているのもこの理由です。

もちろん機関投資家による資金流入で大きく市場が変動する可能性も残されていますが、そのような大きな力がない限り去年の数倍以上にも上昇が難しいです。

ただし、これは仮想通貨市場全体の市場規模の話をしているので、市場内での資金循環は続きます。ある銘柄が10分の1になることもあれば、100倍銘柄も今後も続々と出てくるでしょう。ここで大事なのが情報収集と銘柄精査の力です。次回からはよりミクロな観点で、個別銘柄の精査をするための方法を書いていきます。