BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

1番便利な日本製の安全ウォレットGinco:初期設定とアプリのダウンロード方法、便利な使い方を解説

仮想通貨はどのように保管していますか。個人ウォレットを作ってそこに保管するのがいいことは知っているけど、日本語対応していなかったり、操作が難しかったりと取引所に自分の大切な資産を置きっぱなしにしている人も多いのではないでしょうか。

筆者は2017年に仮想通貨投資を始めてから最初は取引所にそのまま資産を置いていたものの、コインチェックのNEM流出事件やPoloniexのハッキング事件などを知って、取引所にそのままにしておくのは危ないと感じ、最近はMyEtherWalletや日本製のHB Walletを使っていました。

ただこれも問題があり、

  1. 操作が難しい
  2. スマホからだと難しい
  3. ハッキングの経験がある

MyEtherWalletは秘密鍵の管理など、日本語対応はしているものの操作が難しくパソコンでしか利用できません。HB Walletは操作が若干難しい上、最近ではハッキング被害もあり安心して使うことができません。

これを解決するウォレットが『ブロックチェーン入門』や『一冊でまるわかり暗号通貨2016~2017』を執筆している森川夢佑斗が代表を務める日本の会社からリリースされました。それがGincoです。

始めに特徴を簡単に書いた後に実際の使い方を紹介します。ダウンロードと設定の手順から先に知りたい場合はこちらをクリックするとこのページ下部まで移動します。

ダウンロードはこちら(Android版はまだ対応していないようです)

Gincoの強みは何か

Gincoの特徴は「Ginco – 安心・安全の仮想通貨ウォレット」と公式サイトに書かれているように安全性とシンプルな使いやすさです。

動作が軽くシンプルなUI/UX

Gincoアプリのサイズは37.7MBと小さく、電話番号やメールアドレスの登録なしで利用できます。操作性にも優れていて公式サイトには下記のように書かれています。

とりつきにくい仮想通貨の管理を、シンプルな日本語UIでサポートします。入金から送金まで、すべてにおいてストレスのない体験を提供。仮想通貨の時代に、面倒な印鑑や通帳は要りません。1分で口座を開設し、手持ちの仮想通貨を即座に、とても低い手数料で送金することができます。

シンプルさを追求したインターフェイスより引用

アプリのインターフェースは次の画像のような感じです。

トップ画面はカード式、受け取り画面はQRコードまで綺麗に表示されるのでUIにこだわりを感じます。ポートフォリオも日本円表示に加えてUSD表記が可能です。

将来的な拡張性の高さ

銀行が資産を預かるサービス以外にも投資信託、保険など多種多様なサービスを提供しているように、Gincoが提供するものも単なるウォレット機能だけではありません。

公式サイトに記載されているロードマップを見ると、

  • 2018年7月:分散型取引所の開設
  • 2018年Q3:DAppsプラットフォームの搭載
  • 2018年Q4:XRP,NEO,LISKなどの取り扱い
  • 2019年:法定通貨の入金に対応

7月にはDEXと呼ばれる分散型取引所の導入や、新規通貨の取り扱いも行い、2019年には日本円を入金してこのGinco上で仮想通貨を購入できるようになります。

これらの機能が実装されれば次世代の仮想通貨All-In-Oneアプリとなるでしょう。決済機能なども導入されればGincoアプリを一つ持っていれば仮想通貨を日常使いできるようになります。

日本の会社が作る仮想通貨ウォレット

公式サイトのセキュリティーに関するページでは、

弊社のアプリ「Ginco」は顧問弁護士や金融庁と直接確認を取り、法令を遵守した上で運営を行っております。お客様が安心してご利用できるサービス作りに日々取り組んで参ります。

Gincoのセキュリティについてより引用

顧問弁護士を抱え、金融庁とも直接確認を取った上で開発を進めているのはその他のウォレットと比べた時に大きなアドバンテージとなります。

公式サイトのチーム紹介欄を見ても、現時点で確認できる限りで18名のメンバーが所属しており、個人の趣味で作られたようなウォレットではなく、法務面などにまで配慮したチームだということが分かります。

定期的にキャンペーンを実施

一定額以上をウォレット内でデポジットしておくとエアドロップ(無料で仮想通貨をもらえる)キャンペーンを定期的に開催しています。これまでのキャンペーンだと対象の通貨をデポジットしておくだけで最大数万円分の通貨がもらえるので、ハッキングなどのリスクがある取引所においておくより、

  1. 安全性が高く
  2. 無料でコインをもらえる可能性のある

Gincoウォレットに通貨を入れておく方がお得です。

マイナスポイント

これまで利用してきた中で特段大きな問題はありませんがこうすればもっと良いのになと思うポイントをいくつか挙げます。もちろんリリースしてから日が経っていないのでこれから下記のポイントも解消されていくはずです。

  • 対応通貨の少なさ:草コインには対応していない
  • Android版がない
  • BTC建てで表示されない

Gincoの対応通貨

6月25日時点でGincoウォレット対応通貨は下記の14種類です。

  1. Ethereum
  2. Bitcoin   
  3. Bitcoin Cash   
  4. Litecoin   
  5. Augur   
  6. DigixDAO   
  7. TRON   
  8. OmiseGO   
  9. 0x   
  10. EOS   
  11. Kyber   
  12. Zilliqa   
  13. Status   
  14. Decentraland

対応している通貨=表示可能な通貨なので誤って非対応通貨を送ってしまった場合でもまたDEX機能を搭載するということはその他の通貨にももちろん対応するはずなので、現時点で対応通貨が少ないだけですぐに対応通貨の数はぐっと増えるでしょう。

Android版がリリースされていない

これに関しても同様で、Android版アプリも近いうちにリリースされる予定なので問題ではありません。

BTC建てて表示されない

日本円建てではなくBitcoin建てで資産推移を確認しているユーザーからすると日本円でしか表示できないのは少し不便です。利用者数がもっとも多いポートフォリオアプリのBlockfolioはイーサリアム建てまで対応しているので便利ですね。

ただウォレットを使う人の中でビットコイン建て表示の需要が少ないのであればプライオリティーがそこまで高くない機能なので将来的な追加を待ちたいと思います。

ダウンロード/初期設定

実際にアプリをダウンロードして、初期設定を行なったり、通貨を受け取ってみます。

App Storeでダウンロード

まずはアプリをダウンロードしましょう。

Gincoウォレットはすべての機能を無料で利用できます。

ユーザー名と暗証番号を設定

アプリのダウンロードが完了したら「今すぐ始める」ボタンを押して、ウォレットを作成しましょう。

ユーザー名入力は英数字でも平仮名、カタカナ、漢字でもOKです。Gincoを利用しているユーザー間ではここで入力したユーザー名が表示されるので本名を書くのはあまりおすすめしません。

登録したユーザー名は後からでも好きなタイミングで変更できます。

暗証番号は6桁の数字を入力し、利用規約に目を通してすべての項目にチェックを入れたら「Gincoを始める」ボタンを押します。これで無事にウォレット作成が完了しました。

通知設定をオンにする

ウォレット作成が完了すると通知の許可を求めるポップアップが表示されます。コイン/トークンを受け取る際に通知を送ってくれる便利な機能なので通知をオンにしておくことをおすすめします。

この設定も後から変えられるので安心してください。

イーサリアムを受け取ってみる

実際に通貨を受け取ってみましょう。画面に表示されているコイン/トークンから受け取りたい通貨を選択して、「受け取る」ボタンをクリックします。

  • QRコード
  • ウォレットアドレス

が表示されるので、取引所やその他のウォレットからこのアドレス宛に通貨を送金してみます。

誤送金を防ぐために、通貨を受け取る前に念のため下2つの確認をしておきましょう。

  1. 受け取りたい通貨が合っているか確認(イーサリアムアドレスとビットコインアドレスは別物です。イーサリアムを受け取りたい場合は必ずイーサリアムアドレスが表示されているか確認してください。)
  2. アドレスが正しいか確認(イーサリアムの場合はhttps://etherscan.io/、ビットコインの場合はhttps://www.blocktrail.com/BTCなどのエクスプローラーサイトを利用してアドレスが不審なものではないか確認しましょう。新しく生成されたアドレスであれば過去の送金履歴がないはずです。)

受け取り完了

送金が完了すると受け取り完了の通知が届きます。便利な機能なのでぜひ通知はオンにしておきましょう。

バックアップキーを保管

ウォレットで通貨を受け取ると、「バックアップキーを保管しよう」と表示されます。このバックアップキーはウォレット内の資産を管理するためのパスワードのようなものなので絶対に無くさないようにしてください。

12個の単語をメモするように指示されるので、紙などに単語を書いていきます。スクリーンショットで画面をキャプチャしようとすると注意喚起が表示されます。バックアップキーの管理は仮想通貨ウォレットで一番大事なものなので盗難リスクを避けるためにもネットに繋がっているスマホ上での管理はおすすめしません。

すべての単語をメモし、確認のための入力を済ませると設定が完了しウォレットの機能を全て使えるようになります。設定お疲れ様でした。