BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

仮想通貨の時価総額チェック&ランキングおすすめの見方

時価総額の計算方法と時価総額ランキングの見方や時価総額を活用した投資方法を紹介します。

仮想通貨の時価総額とは:調べ方

仮想通貨市場での時価総額は、流通枚数×単価の計算式で算出できます。例えばビットコインの時価総額は次の通りです。

  • ビットコインの流通枚数:約1700万枚
  • 単価:70万円
  • 流通枚数×単価=約12兆円

流通枚数や単価を確認するにはCoinMarketCapやMyToken、bitgurなどの仮想通貨情報サイトから確認しましょう。アプリならコイン相場やMyTokenがおすすめです。

なぜ時価総額が大事なの?

その通貨がどれぐらいの規模を持っているか。その通貨にどれぐらいお金が集まっているかを把握するための大事な指標が時価総額です。

時価総額がすでに大きい通貨は価格が大きく上がりづらく、反対に時価総額が小さい通貨は数倍〜数十倍になるポテンシャルを持っています。

単価が安いコイン≠お買い得

単価の安いコインの方が期待できると思っていませんか?ビットコインよりも単価が安いリップルやネムを買う初心者でありがちな間違いです。

単価がどれだけ安くても流通枚数が多ければ価格が上がる可能性は低いです。

  • ビットコイン1枚の価格が高いのは流通枚数が1700万枚と少ないから
  • リップル1枚の価格が安いのは流通枚数が400億枚と多いから

例えば1枚あたりの単価が0.01円のXPコインはこれからどんどん上がりそうに見えるかもしれません。しかしXPコインの流通枚数は2200億枚です。

ビットコインの流通枚数が1700万枚、イーサリアムの流通枚数が1億枚と比べると1万倍以上も多いのです。

時価総額を知っておくと何倍になるかポテンシャルが推測できる

時価総額を知っておくと、単価のトリックに惑わされず初心者が犯しがちな低単価コインを買うことがなくなります。

では実際に多くの日本人投資家が持っているコインはどれぐらいの時価総額なのでしょうか。比較して比べてみましょう。

時価総額ランキング

どれぐらいの時価総額だと高いのか、もしくは低いのか。一概には言えませんが、試しにいくつかの通貨の時価総額を並べてみます。

  • ビットコイン(1位):約10兆円
  • イーサリアム(2位):約5兆円
  • EOS(5位):約6000億円
  • IOTA(10位):約3000億円
  • OmiseGO(20位):約1000億円

ビットコインとイーサリアムは圧倒的ですね。現在の仮想通貨市場全体の時価総額がおよそ26兆円なので、その30%近くをビットコインが占めていることになります。

ちなみに計算してみると時価総額ランキング上位5通貨の合計金額が約21兆円なので、これだけで仮想通貨市場全体の80%です。

上位10通貨まで加えると約23兆円で90%、上位20通貨で約24兆円で95%です。

こうして見ると仮想通貨は上位銘柄がかなり大きな時価総額でそれ以外の何千種類のコイン・トークンの持つ価値はごくごく小さいことが分かります。

  • モナコイン(70位):約150億円
  • Enigma(100位):約100億円
  • NANJCOIN(200位):約22億円
  • SHIELD(400位):約10億円
  • ALIS(650位):約3億円
  • BitZeny(900位):約6000万円

現在、時価総額ランキング100位の通貨の時価総額はおよそ100億円です。100位に入る通貨は世界的に名の知れた有名・有望プロジェクトばかりでここに入るのはかなり難しいです。

  • 他の通貨にない技術力
  • 有名デベロッパー
  • 一流企業とのパートナーシップ
  • 大手取引所での取り扱い
  • 世界的な知名度

がない限り難しいでしょう。

もしあなたが応援しているプロジェクトが時価総額40億円ほどだとして、それがただのトークンで上に挙げたような特徴を持たない場合、どれだけ資金が集まっても最大で100億円程度の伸びしろしかないでしょう。このケースだと40億円から100億円のため、最大2.5倍ほどの上昇しか見込めないため、ボラティリティの激しい仮想通貨市場においては投資対象として適しているとは言えません。

このように通貨のステータスと時価総額を組み合わせることで、その通貨の上昇余地を探ることができます。では、実際にこれから2つのケースで時価総額ランキングを活用した投資判断の例を紹介します。

  1. 国産トークンの上昇余地
  2. 類似プロジェクトと比較した上昇余地

①国産コインの時価総額

  • ビットコイン(1位):約10兆円
  • イーサリアム(2位):約5兆円
  • モナコイン(70位):約150億円
  • NANJCOIN(200位):約22億円
  • ALIS(650位):約3億円
  • BitZeny(900位):約6000万円

結論から言うと、現在の市場感ではモナコイン以外の国産コイン・トークンが100位に入るのは無理です。日本でどれだけ話題のコイン・トークンでも時価総額100億円規模=100位まで到達するのは日本円以外の資金流入が必要です。

そして国産コインとして海外でも知名度の高く、bitFlyerやZaifなど国内大手取引所にも上場しているモナコインの時価総額が150億円ほどなので、上のパートで紹介したような、

  • 他の通貨にない技術力
  • 有名デベロッパー
  • 一流企業とのパートナーシップ
  • 大手取引所での取り扱い
  • 世界的な知名度

がない、そのほかの国産コイン・トークンがこの時価総額を超えることはほぼないと断言できます。今の時点で乱立している国産トークンはレインや凍結、投票以外に特徴的な、もしくは技術力の高さをアピールする機能を持っておらず、一流企業とのパートナーシップも有名デベロッパーも抱えていないため、BinanceやBitfinexなどの大手取引所に上場しない限り、日本人投資家の熱狂が冷めるのと同時に価値も下落するでしょう。

国産コイン・トークンの時価総額上限がどれだけ頑張ってもモナコイン程度と考えておくとよいでしょう。

類似プロジェクトの時価総額

仮想通貨には匿名通貨、プラットフォーム通貨、市場予測系通貨などのジャンルが存在します。例えばDASHやモネロ、バージなどは匿名通貨として有名ですね。

同じジャンルの中で同じようなスペックの通貨が複数あった場合、同ジャンルの通貨を基準としてどれぐらい上昇余地が残っているのかを予想することができます。

例えばレンディング系通貨として