BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

航空分野をブロックチェーンで改革するAeron $ARN とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

航空分野をブロックチェーンで改革するAeron $ARN とは

  1. 航空分野をブロックチェーンで改革する唯一のプロジェクト
  2. 小・中規模の航空会社を中心に2000を超える団体とすでに交渉段階
  3. LCCが発達している欧州を中心に大規模な市場がターゲット

の通貨シンボルは$ 、日本語名はアエロンです。2019年5月25日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 アエロン
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/10/31

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。ICO時の発行価格は1ARN = $0.5でした。

  1. ・公式サイト:https://aeron.aero/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/aeron_aero
  3. ・ホワイトペーパー:https://aeron.aero/AeronWhitepaper.pdf

とは

空の安全は、blockchain技術を用いることによって改善できます。これにより、ログデータの損失、改ざん、偽造などの可能性を大幅に排除し、致命的な事故のリスクを低減することができます。関係当局が安全性を向上させるために、これらの情報は透明で利用可能であるべきです。

Aeron - Blockchain for Aviation Safetyより引用

「空の安全を守るブロックチェーン」をキーワードに、ブロックチェーン技術を用いて航空分野の安全性・透明性の向上、航空産業の効率化をAeronは目指しています。

近年、LCCをはじめとした航空産業の急速な発展に伴い、技術・経験不足のパイロットが増加し、人的要因により年間3,300件近い事故が発生しています。Boeing社によると、今後も航空産業の拡大は続き、今後20年で貨物輸送と乗員輸送の合計が倍増するとも言われています。

Aeronの開発チームはこの拡大に伴う「空の安全性」を危惧しており、もともと航空分野で勤務経験のあるパイロットやエンジニアからプロジェクトが始まりました。

改ざんが効かないブロックチェーンの特性を活かし、紙ベースで行われることもあったフライト記録や勤務経験を透明化し、システム利用を希望する会社はAeronトークンで支払いを行う仕組みで、中規模の航空会社をターゲットとし、現在2000を超える団体と交渉段階にあるとのことです。

公式動画

の評判・将来性

日本以上にLCC(格安航空)が発展している欧州に暮らしている経験から、Aeronのような「空の安全性」を向上させるプロジェクトは今後確実に必要となると考えています。日本ではあまり考えられませんが、LCC会社の拡大による価格競争でチケット代が非常に安いヨーロッパでは電車移動と同じ感覚で飛行機が移動手段として広まっている一方で、時間管理やキャンセル対応のずさんさなど問題は紛糾しており、潜在的なニーズは十分にあると言っていいでしょう。小〜中規模の航空会社は各国に乱立しており、そのうち一社がトークンの利用を検討すれば他の会社もその後を追い一気に拡大するでしょう。

投資的な側面から見ると、公式サイト上で閲覧できるホワイトペーパー内で「短期的・長期的にも利益を目指す」や、公式Telegram内で「2020年までに1ARN=$100を目指す」と公言しているので、今後の価格動向に注目です。

が買える取引所

(アエロン)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし