BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

分散化された市場・コミュニティの作成・管理が可能なdistric0x $DNT とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

分散化された市場・コミュニティの作成・管理が可能なdistric0x $DNT とは

  1. 分散化されたマーケットやコミュニティの作成・管理が可能なプラットフォーム/ネットワーク
  2. フリーランス向けの求人市場やドメイン名取引所がローンチ済み
  3. DNTトークンはdistrictを作成・管理するサービス料やプロジェクトを決める際の議決権として利用

の通貨シンボルは$ 、日本語名はディストリックトゼロエックスです。2019年7月17日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 ディストリックトゼロエックス
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/08/03

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。

  1. ・公式サイト:https://district0x.io/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/district0x
  3. ・ホワイトペーパー:https://district0x.io/docs/district0x-whitepaper.pdf

とは

district0xは分散化されたマーケットプレイスとコミュニティの集合体です。これは、Ethereumネットワークに配備されたスマートコントラクトの枠組みとして存在します。

What is district0x?より引用

district0xは分散化されたマーケットやコミュニティの作成・管理が可能なプラットフォーム/ネットワークです。

プラットフォーム上ではdistrict「地区、区域」と呼ばれる分散化されたマーケットやコミュニティーの作成・管理が可能であり、Ethlance(イーサランス)と呼ばれるフリーランス向けの求人市場やNAME BAZAARというドメイン名取引所がプロダクトとしてローンチされています。

DNTトークンはdistrictを作成・管理するサービス料として利用されるほか、コミュニティーが次に取り組むプロジェクトを決める際の議決権としても利用されます。

公式動画

の評判・将来性

district0xは市場環境が好調だった2017年8月半ばにトークン配布を行い、BittrexやBinanceへの上場も続いたため、上場後に価格を10倍以上に伸ばしました。

現在は暴騰前の水準まで戻っているものの、開発の順調さ、トークン一枚あたりの価格、大手取引所での取り扱いを考慮すると近いうちに再度上昇を見せる可能性が高いと判断できます。

が買える取引所

(ディストリックトゼロエックス)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし