BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

スマホでICO参加が可能!シンプルで多機能なウォレットを提供するEidoo $EDO とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

スマホでICO参加が可能!シンプルで多機能なウォレットを提供するEidoo $EDO とは

  1. Eidooアプリ上で安全に・簡単にICO参加ができる
  2. プラットフォーム上で実施されるICOが増えれば増えるほどEDOトークンの価値が高まる仕組み
  3. 将来的にはビットコインやライトコイン、ジーキャッシュなどのコインを保管することもできるようになる

の通貨シンボルは$ 、日本語名はエイドゥです。2018年9月21日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 エイドゥ
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/10/16

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。ICO時の発行価格は1EDO = 2.3USDでした。

  1. ・公式サイト:https://eidoo.io/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/eidoo_io
  3. ・ホワイトペーパー:https://eidoo.io/docs/EIDOO_Technology_White_Paper_v_0_2_Draft_JP.pdf

とは

Eidooは、マルチアセットウォレットとハイブリッド交換を含む最初のモバイルアプリです。 1つのアプリケーションでは、あなたの暗号通貨とあなたのトークンを売り、買って、使うことができます。

Eidoo - Your blockchain asset experienceより引用

Eidooは一つのシンプルなウォレット内で複数の通貨の保管や、ICOへの参加、分散型取引所の利用ができるプラットフォームです。

iOSとAndroidに対応した公式アプリは配信開始から2ヶ月ですでに14万ダウンロードされており、デスクトップ版のウォレットも開発中です。

現在はイーサリアムとERC20トークンのみしか受け付けていませんが、将来的にはビットコインやライトコイン、ジーキャッシュなどのコインを保管することもできるようになります。

ICOEngineという、スタートアップがICOを実施するプラットフォームをローンチしており、ユーザーはEidooアプリ上で安全に・簡単にICO参加ができる利点があります。

このICO支援プラットフォームを利用するスタートアップはEDOトークンで手数料を払う必要があり、Eidooはそのうち50%分のトークンをバーンするので、実施されるICOが増えれば増えるほど流通するトークン量が漸減していきます。

ロードマップによると、アプリ内に分散型取引所を実装し、通貨間の換金が可能になるほか、デビットカードの導入も検討しており、一つのアプリであらゆる動作が簡単に行えるようになります。

公式動画

の評判・将来性

実際にEidooウォレットをダウンロードしてETHLendというICOに参加しましたが、スマホでポチポチとタップするだけで簡単にICOに参加できる体験は新鮮でした。

暗号通貨が一般に広まるためにはEidooのような、シンプルで多機能なスマホウォレットの登場が必須となるので、Eidooにはぜひ頑張ってもらいたいです。

そして、やはりプラットフォーム型のプロダクトを持っているプロジェクトは強いです。ICOを希望するプロジェクトが増えれば増えるだけEidooトークンの価値が上がるので、戦略性の高いプロジェクトと言えるでしょう。

ただし今後ICO規制が強まる場合はこのプロジェクトがどんなに有望であってもICO全体に不信感が広がるのでその場合にはEDOトークンの価値もつられて下がります。この点だけは注意しておきましょう。

が買える取引所

(エイドゥ)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし