BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

シークレットコントラクトによりプライバシーと拡張性問題を克服するEnigma $ENG とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

シークレットコントラクトによりプライバシーと拡張性問題を克服するEnigma $ENG とは

  1. ブロックチェーンの課題である拡張性とプライバシーをオフチェーンにより解決する
  2. 「シークレットコントラクト」と呼ばれるプライバシーを重視したスマートコントラクト
  3. Enigmaプロトコルを利用した最初のDApp、Catalystというアプリがリリース

の通貨シンボルは$ 、日本語名はエニグマです。2018年12月15日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 エニグマ
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/10/13

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。

  1. ・公式サイト:https://enigma.co/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/EnigmaMPC
  3. ・ホワイトペーパー:https://enigma.co/enigma_full.pdf

とは

私たちのプロジェクトは、100,000回以上ダウンロードされたEnigmaホワイトペーパーに掲載された研究活動に基づいて、MITの卒業生と研究者のチームによって作成されました。 Enigmaプロトコルは、ブロックチェーンの2つの最大の問題、すなわちスケーラビリティとプライバシーを解決することを目指す、第2層のオフラインネットワークです。 Enigmaは安全で分散されたデータの計算と交換を可能にすることにより、ブロックチェーンが本当に強力な約束を果たすことを可能にします。

What is Enigma?より引用

Enigmaはブロックチェーンの課題である拡張性とプライバシーをオフチェーンにより解決するプロジェクトです。

「シークレットコントラクト」と呼ばれるプライバシーを重視したスマートコントラクトによりデータを保護しつつもプログラムを実行することが可能となります。

Enigmaプロトコルを利用した最初のDAppとしてCatalystというアプリがリリースされました。

の評判・将来性

Enigmaはブロックチェーン技術の一般普及を加速させるプロジェクトの一つとして市場からの注目度が高い通貨です。

大手取引所BittrexとBinanceの両方に続けざまに上場しているため、好材料次第で大きく価格を伸ばす素地があります。

が買える取引所

(エニグマ)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし