BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

利用料0円+高速トランザクションによりスケーラビリティ問題を解決するEOS $EOS とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

利用料0円+高速トランザクションによりスケーラビリティ問題を解決するEOS $EOS とは

  1. 独自のアルゴリズムによりイーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題を解決するプロジェクト
  2. EOSプラットフォーム上に作られるDApps(分散型アプリケーション)は利用料が発生せず、大量のトランザクションを処理できる

の通貨シンボルは$ 、日本語名はイオス/イーオスです。2018年8月21日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 イオス/イーオス
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/07/01

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。

  1. ・公式サイト:https://eos.io/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/EOS_io
  3. ・ホワイトペーパー:https://github.com/EOSIO/Documentation/blob/master/TechnicalWhitePaper.md

とは

EOS.IOは、分散アプリケーション(「EOS.IOソフトウェア」)の垂直および水平スケーリングを可能にするように設計されたブロックチェーンアーキテクチャを導入するソフトウェアです。 これは、アプリケーションを構築するためのオペレーティングシステムのような構造によって実現されます。

1. What is EOS.IO software?より引用

EOSは独自のアルゴリズムによりイーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題を解決するプロジェクトです。

従来のブロックチェーン技術が抱える送金速度や手数料、トランザクション処理数などの問題をDPoSと呼ばれるアルゴリズムの採用により解決します。

EOSプラットフォーム上に作られるDApps(分散型アプリケーション)は利用料が発生せず、大量のトランザクションを処理できるため、従来よりも拡張性が高いブロックチェーンと称されています。

の評判・将来性

およそ1年間にかけてICOを実施するという独自のトークン配布方式を採用しているEOSトークンですが、公式サイトやホワイトペーパーではトークンの使い道は”なし”とされています。

それにもかかわらず大手取引所Bittrexに上場したことや市場参加者の期待から現在も非常に高い価格帯で推移しています。

トークン最大発行枚数が最大10億枚と非常に多いため、将来的に価格が大きく上下する恐れがあるため長期保有を検討する場合は、プロジェクトの進捗を常に伺うようにしましょう。

が買える取引所

(イオス/イーオス)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし