BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

個人クリエイターの権利やマネタイズを支援するInk $INK とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

個人クリエイターの権利やマネタイズを支援するInk $INK とは

  1. ブロックチェーン技術を用いてクリエイターを支援するプロジェクト
  2. 既存のクリエイティブ産業は構造として新人や影響力の小さいコンテンツクリエーターによるコンテンツ出版や権利保護が厳しい
  3. Inkが提供するクロスチェーンではコンテンツの権利が保護され、ボーダーレスなマネタイズが可能となる

の通貨シンボルは$ 、日本語名はインクです。2018年9月23日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 インク
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/11/20

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。

  1. ・公式サイト:https://ink.one/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/inklabsfound
  3. ・ホワイトペーパー:https://ink.one/statics/pdf/ink_whitepaper_en.pdf

とは

Inkのビジョンは、さまざまなアプリケーションが可能であり、1つのシステム内でお互いに関連性があった、クリエイティブ産業のためのブロックチェーンベースのインフラストラクチャを構築するために、ソブリンコンソーシアムブロックチェーンをさまざまなユースケースに提供することです。 公共ブロックチェーン(Qtum)に基づいて、知的財産資産取引所は、現金生成とトークン発行の信頼できる通路として建設され、統合されたエコシステムになっています。 同時に、クロスチェインプロトコルにより、公開ブロックチェーンとコンソーシアムブロックチェーン間で価値と情報が自由に流れることが可能になります。

WHAT IS INKより引用

Inkはブロックチェーン技術を用いてクリエイターを支援するプロジェクトです。

既存のクリエイティブ産業は構造として新人や影響力の小さいコンテンツクリエーターによるコンテンツ出版や権利保護が厳しい体制となっています。

Inkが提供するクロスチェーンではコンテンツの権利が保護され、ボーダーレスなマネタイズが可能となるため、クリエイティブ産業のエコシステムを大きく変革する可能性があります。

公式動画

の評判・将来性

Inkはクリエイティブ産業に切り込むプロジェクトとして期待されているプロジェクトの一つです。

INKトークンは大手取引所に上場していないため大手への上場がない限り大幅な価格上昇は難しいと言えます。1つでも大手取引所が興味を示して上場までたどり着ければ今の価格帯から数倍までの価格上昇は容易に達成できるでしょう。

が買える取引所

(インク)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし