BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

分散化されたノードを軸にアプリやペイメント向けのインフラを目指すInternet of People $IOP とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

分散化されたノードを軸にアプリやペイメント向けのインフラを目指すInternet of People $IOP とは

  1. 独自のブロックチェーン技術とプロトコルによりアプリやペイメント向けのインフラとなる
  2. 従来の中央集権型インフラに対して分散化されたノードにより維持されるネットワークを構築
  3. 最大発行枚数はビットコインと同じ2100万枚

の通貨シンボルは$ 、日本語名はインターネット・オブ・ピープルです。2018年8月19日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 インターネット・オブ・ピープル
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2016/11/29

の通貨タイプはコインです。

  1. ・公式サイト:https://iop.global/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/IoP_community

とは

People of Internet(IoP)は、サーバーベースではないアプリや支払いのための完全なインフラストラクチャです。 代わりに、完全に分散され、ノードに基づいています。 これらのノードは、家庭のコンピュータや、ラズベリーパイ(完全)またはスマートフォン(一部)などのさらに小型のデバイスでも実行できます。

Internet of People (IoP) Official Websiteより引用

IoPは独自のブロックチェーン技術とプロトコルによりアプリやペイメント向けのインフラとなることを目標とするプロジェクトです。

IoP(Internet of People)「人々のインターネット」という名前からも分かるように、従来の中央集権型インフラに対して分散化されたノードにより維持されるネットワークを構築しており、すでにGoogle PlayでローンチされているIoP Connectというアプリでは中央化されたサーバーにデータを残すことなく友人とプライベートチャットを行えます。

最大発行枚数はビットコインと同じ2100万枚です。

公式動画

の評判・将来性

ほぼ大手取引所Bitterxのみで取り扱っている珍しい通貨です。投資対象として検討する際には2100万枚という限られた供給量が目を引きます。

2017年5月に暗号通貨全体に訪れた暴騰タイミングで一時120万satoshiの高値をつけるほど高騰しましたが、現在は3万satoshi前後で推移しています。

長期的に見れば少ない流通量により注目されるタイミングが1度や2度訪れることが予想できますが、過去最高値を超えるのは非常に厳しいと言えます。

が買える取引所

(インターネット・オブ・ピープル)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし