BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

安全に分散化されたクラウド型データ管理システムMaidSafeCoin $MAID とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

安全に分散化されたクラウド型データ管理システムMaidSafeCoin $MAID とは

  1. 安全に分散化されたクラウド型データ管理システム
  2. 既存のクラウドデータサービスで課題となるデータの集中を分散により防ぐ
  3. 大手取引所BittrexとPoloniexに上場済み

の通貨シンボルは$ 、日本語名はメイドセーフコインです。2018年8月21日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 メイドセーフコイン
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2014/04/28

の通貨タイプはその他トークンです。

  1. ・公式サイト:https://maidsafe.net/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/maidsafe
  3. ・ホワイトペーパー:https://github.com/maidsafe/Whitepapers

とは

SAFEネットワークは、未使用のハードドライブスペース、処理能力、およびユーザーのデータ接続で構成されています。 既存のインターネット上で現在利用できないレベルのセキュリティとプライバシーを実現し、ユーザーを企業に委ねるのではなく、企業のテーブルを変えてデータを管理します。 これを可能にする多くの機能があります。

Features of the SAFE Networkより引用

MaidSafeは安全に分散化されたクラウド型データ管理システムです。

既存のクラウドデータサービスで課題となるデータの集中を分散により防ぎ、安全が保証された複数のハードディスクで分散管理することにより、データの安全性を高めます。

2014年に配布されたMAIDトークンは大手取引所BittrexとPoloniexに上場済みです。

の評判・将来性

大手取引所に複数上場しているため流動性が確保されているMAIDトークンはトークン数こそ4億5000万枚と多いものの、好材料次第では上昇余地はまだまだ残されています。

開発歴が長いプロジェクトのため多くのここ一年で急増したICOプロジェクトに比べて安定感のあるプロジェクトと言えるでしょう。

が買える取引所

(メイドセーフコイン)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし