BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

東南アジアのモバイル/マイクロペイメントを改革するオミセゴーOmiseGO $OMG とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

東南アジアのモバイル/マイクロペイメントを改革するオミセゴーOmiseGO $OMG とは

  1. 東南アジアを中心にスマートフォン決済やeWallet(電子財布)を導入するプロジェクト
  2. 東南アジアの大きな潜在顧客を求めてOmiseGOをはじめとして多くの企業によるシェア獲得競争が熾烈
  3. Ethereumの開発者として有名なVitalik氏がアドバイザーを務めるプロジェクト

の通貨シンボルは$ 、日本語名はオミセゴーです。2018年10月20日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 オミセゴー
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/07/14

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。

  1. ・公式サイト:https://omisego.network/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/omise_go

とは

OmiseGOは、現在主流となっているeWalletで使用するために公開されたEthereumベースのファイナンシャル·テクノロジーです。

国や国境、また組織的にサイロ化されたデータ、およびフィアット·マネー(法定通貨)と分散型通貨の両方を自由に横断し、リアルタイムで、ピアツーピアの価値交換および決済サービスを提供しています。

Unbank the Banked with Ethereumより引用

OmiseGOは東南アジアを中心にスマートフォン決済やeWallet(電子財布)を導入するプロジェクトです。

東南アジアには信用や資本が必要となる銀行口座開設を行えない人が多い一方で、スマートフォンは広く浸透しているため、大きな潜在顧客を求めてOmiseGOをはじめとして多くの企業がシェア獲得を目指しています。

OMGトークンはEthereumの開発者として有名なVitalik氏がアドバイザーを務めることも話題を集め、ICO価格比で30倍を超える上昇を見せました。

公式動画

の評判・将来性

Ethereumトークンの中でも特に有名なプロジェクトであるOmiseGOはICO終了から間も無くして大手取引所が続々と上場発表をおこなったため価格が大きく上昇し、その後乱立した多くのICOへの期待感を高めました。

2017年10月頃からは市場参加者の注目から徐々に外れ、現在は急上昇前の水準に近づきつつありますが、すでに多くのフォロワー/コミュニティーを獲得しているため、提携ニュースや実利用ニュースが市場に広まればすぐに以前の高値圏への回復が期待できます。

が買える取引所

(オミセゴー)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし