BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

銀行を必要としない個人間融資プロトコルを提供するRipio Credit Network $RCN とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

銀行を必要としない個人間融資プロトコルを提供するRipio Credit Network $RCN とは

  1. ブロックチェーン技術を用いて貸主と借主間の個人間ローンを実現するプロトコル
  2. 登録情報から返済能力がスコア化され、貸主による貸し出しと一致した場合に借り入れが行われる
  3. 個人間の融資が可能となるため借り入れにかかる日数や手数料が大幅に削減される

の通貨シンボルは$ 、日本語名はリピオ・クレジット・ネットワークです。2018年5月23日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 リピオ・クレジット・ネットワーク
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/10/26

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。

  1. ・公式サイト:https://ripiocredit.network/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/RCN_token
  3. ・ホワイトペーパー:https://ripiocredit.network/wp/RCN%20Whitepaper%20ENG.pdf

とは

Ripio Credit Networkは、世界のどこにいても、どの通貨でも貸し手と借り手を結びつける、合理化されたスマートな契約とブロックチェーン技術に基づくグローバルな信用ネットワークです。

https://ripiocredit.network/より引用

Ripiro Credit Networkはブロックチェーン技術を用いて貸主と借主間の個人間ローンを実現するプロトコルです。

あらゆる通貨のローン(借り入れ)が可能であり、借主がローンしたい金額をプラットフォーム上で申請するとIDや登録情報から返済能力がスコア化され、貸主による貸し出しと一致した場合に借り入れが行われます。

管理手数料が多くかかる従来の銀行借り入れと異なり、個人間の融資が可能となるため借り入れにかかる日数や手数料が大幅に削減されます。

公式動画

の評判・将来性

個人間融資プロトコルを提供するRipio Credit Networkはトークン発行後まもなくして大手取引所BittrexとBinanceに相次いで上場したため価格を大きく伸ばしました。

最大発行枚数はおよそ10億枚近くあり、一枚あたりの値段が低く抑えられているため、新規参入者による思惑買いにより上昇を見せる可能性があります。

が買える取引所

(リピオ・クレジット・ネットワーク)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし