BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

低手数料+高速送金により国際送金を改革するリップルRipple $XRP とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

低手数料+高速送金により国際送金を改革するリップルRipple $XRP とは

  1. ブロックチェーン技術により国際送金の諸問題を解決するプロジェクト
  2. 従来の国際送金には銀行へ支払う手数料の高さ、送金速度、送金の確実性(保護された送金)など多くの点に障害が残る
  3. 多くの銀行・送金業者とすでにパートナーシップを締結済み

の通貨シンボルは$ 、日本語名はリップルです。2018年5月25日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 リップル
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2013/08/04

の通貨タイプはコインです。

  1. ・公式サイト:https://ripple.com/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/Ripple

とは

30億人がオンラインでつながり、自動運転車が走り、電化製品がやり取りするこの世界において、国際送金は未だに1980年代のまま進化がありません。なぜでしょう? 送金インフラがインターネット時代以前に作られ、ほとんどそのままだからです。

Rippleは銀行、送金業者、デジタルアセット取引所や事業会社をRippleNet経由で接続し、シームレスな国際送金を可能とします。

世界で唯一の、法人向け国際送金ブロックチェーンソリューションより引用

リップルはブロックチェーン技術により国際送金の諸問題を解決するプロジェクトです。従来の国際送金では銀行へ支払う手数料の高さ、送金速度、送金の確実性(保護された送金)など多くの点に障害が残っており、テクノロジーによりこれらの問題を解決するプロジェクトに対する大きなニーズが世界中にあふれています。

多くの銀行・送金業者とすでにパートナーシップを締結しているリップルは、独自のブロックチェーンを用いることで1分以内の高速送金や数円未満の送金手数料など、あらゆる面で従来の技術に対し優位性を持っているため、今後の拡大に大きな期待がかけられています。

公式動画

の評判・将来性

2017年暗号通貨市場の顔といってもいいほど、リップルは価格面でも技術面でも市場参加者に大きな印象を残しました。5月の暴騰時には買いが買いを呼ぶ急騰を見せ、下半期のイベントカウントダウンではTwitterをはじめSNS上でも大きな話題を提供しました。

一枚あたりの単価は依然低いままですが、投資対象としてアセットの一部としての保有を検討する際には、時価総額にも必ず目を通してからの購入をおすすめします。

が買える取引所

(リップル)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所