BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

投稿/シェアで報酬が手に入るSNS系通貨の最大手Steem $STEEM とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

投稿/シェアで報酬が手に入るSNS系通貨の最大手Steem $STEEM とは

  1. コンテンツの投稿・シェアに対する報酬が暗号通貨で支払われる
  2. 現時点で稼働しているプロダクトを持つ数少ない暗号通貨プロジェクト
  3. Twitter、reddit、bitcointalkに次ぐ情報収集の場

の通貨シンボルは$ 、日本語名はスチームです。2018年11月13日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 スチーム
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2016/04/18

の通貨タイプはコインです。

  1. ・公式サイト:https://steem.io/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/steemit
  3. ・ホワイトペーパー:https://steem.io/steem-bluepaper.pdf

とは

Steemは、サイト運営者がコンテンツを収益化し、コミュニティを成長させるためのブロックチェーンベースの報酬プラットフォームです。SteemitはSTEEMと呼ばれる独自のSMTを持つブログプラットフォームです。これらのトークンはコミュニティの投票に基づいて報酬として毎日コンテンツクリエイターとキュレーターに配布されます。

Steem powers Smart Media Tokensより引用

①コンテンツの投稿や②コンテンツのシェアで暗号通貨を報酬として受け取れるSNS系通貨の最大手がSteemです。

開発は2016年に始まり、SNS内での評価を測定しそれに応じて換金可能な暗号通貨を支払うという新しいタイプのプロジェクトで、投稿するコンテンツはブログのような長い文章でなくても、ツイッターのような短文や、写真のみ、動画のみ、もしくは他の人の投稿をシェアするだけでも、その行動が他ユーザーから評価されれば報酬を得られます。

競合に中国発のYOYOWや日本初のALISがありますが、現時点でプロダクトが稼働しているのはSteemのみです。

公式動画

の評判・将来性

暗号通貨は多しと言えども実際に稼働するプロダクトを持つプロジェクトはごくわずかです。SteemはSteemitという独自のSNSプラットフォームを運用し、実際にSteemを中心としたエコシステムが既に成立している状態です。

今後も暗号通貨の情報収集の場として定着していけば、暗号通貨市場全体が発達するのに合わせてSteemのエコシステムも拡大していくので非常に有望なプロジェクトと言えます。

が買える取引所

(スチーム)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし