BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

実世界のデータを売買するIoT系通貨Streamr(ストリーマ) $DATA とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

実世界のデータを売買するIoT系通貨Streamr(ストリーマ) $DATA とは

  1. 実世界のデータ販売プラットフォームを提供するプロジェクト
  2. プラットフォーム上の売買でDATAトークンが利用される
  3. 大手取引所bitfinexに選ばれた有望なコイン

の通貨シンボルは$ 、日本語名はストリーマです。2018年9月21日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 ストリーマ
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/10/13

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。ICO時の発行価格は1DATA = 0.0615USDでした。

  1. ・公式サイト:https://www.streamr.com/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/streamrinc
  3. ・ホワイトペーパー:https://s3.amazonaws.com/streamr-public/streamr-datacoin-whitepaper-2017-07-25-v1_0.pdf

とは

Streamrはコードを書かなくても止まらないリアルタイムのデータアプリケーションを作成するための完全なシステムを提供します。現在、貴重な貴重なデータは、大企業のなすがままです。Streamrネットワークでは、あなたが望むように使用して販売し、誰にも管理されておらず、DATAcoinトークンによってインセンティブを与えられた分散型のピアツーピアネットワークを通って移動します。

Streamrより引用

Streamr(ストリーマ)はデータの売買プラットフォームを提供するプロジェクトです。あるプロダクトを作る時に必要なデータを自身で取得したり、大手企業から高い値段で買うことなく、プラットフォーム上で個人間で売買できます。

公式サイトでは電気自動車を作る時に自分のチーム内に必要なデータがない場合、Streamr上で、交通量や天気、電気代などのデータを購入できると例をあげており、実世界のデータをプラットフォーム上で売買する、IoTと関わりの深いプロジェクトと言えます。

Streamr DATAトークンはこのデータ売買に必要な通貨として利用されます。

公式動画

の評判・将来性

ICO終了からまもなくして大手取引所Bitfinexへの上場を果たしていることからもプロジェクトの期待値が高いことがわかります。

IoT分野ではIOTAが圧倒的な知名度を誇っていますが、それに次ぐプロジェクトとしてStreamrへの注目度も今後増していくことでしょう。

同一分野の暗号通貨プロジェクトは時価総額で比較されることが多く、IOTAとStreamrとの間には大きな差が開いているので、急激な価格上昇も期待できます。

が買える取引所

(ストリーマ)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし