BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

カードで暗号通貨払いを可能にするペイメント通貨TenX $PAY とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

カードで暗号通貨払いを可能にするペイメント通貨TenX $PAY とは

  1. いつでもどこでもリアルタイムで支払いに使える暗号通貨
  2. TenXが提供するデビットカードを使用した支払いが可能
  3. PAYトークンを保有しているユーザーはカード手数料のうち0.5%をPAYトークン保有割合に応じて報酬として受け取る

の通貨シンボルは$ 、日本語名はテンエックス/テンクスです。2018年12月15日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 テンエックス/テンクス
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/07/14

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。ICO時の発行価格は1ETH = 350PAYでした。

  1. ・公式サイト:https://www.tenx.tech/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/tenxwallet
  3. ・ホワイトペーパー:https://www.tenx.tech/whitepaper/tenx_whitepaper_final.pdf

とは

TenX Walletは、ユーザーがスマートフォンや物理デビットカードを通じてブロックチェーン資産をオンラインとオフラインの3,600万ポイント以上で受け入れられるようにする主要なゲームチェンジャーです。

The TenX Walletより引用

暗号通貨が実世界で支払いとして使われるケースはあまり多くありません。ビットコイン支払いが可能な店舗は未だ少ないのが現状です。

TenXが目標としているのは「いつでもどこでもリアルタイムで支払いに使える暗号通貨」です。TenXが提供するデビットカードを使えば、VISAやMasterCardに対応する店舗であればどこでも暗号通貨払いが可能となります。

ビットコイン、イーサリアム、ダッシュ、ERC20トークンをTenXウォレット内に入れておけば支払い時に自動的に法定通貨に換算され、通常のデビットカードと同じように支払いが行われます。

TenXカードで支払いをしたユーザーには支払額の0.1%がETHで還付され、PAYトークンを保有しているユーザーはカード手数料のうち0.5%をPAYトークン保有割合に応じて報酬として受け取ることができます。

公式動画

の評判・将来性

ペイメント系通貨の筆頭とも言えるTenXプロジェクトは、すでに多くのコミュニティメンバーを抱えており、大手取引所Bittrexにも上場しているので、実世界での利用が正式に開始されれば圧倒的な広がりを見せ、ペイメント業界に革新をもたらすでしょう。

時価総額はすでに300億円規模まで上昇しているため、ここからさらに2倍・3倍になるためには外部資金の流入を招くような大きなニュースが必要です。

が買える取引所

(テンエックス/テンクス)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし