BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

取引履歴や編集過程などを改ざんの効かないブロックチェーンに記録する「デジタル版レシート」Tierion $TNT とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

取引履歴や編集過程などを改ざんの効かないブロックチェーンに記録する「デジタル版レシート」Tierion $TNT とは

  1. あらゆる種類のデータをブロックチェーン上にアンカー(記録)することでデータの正当性とタイムスタンプを保管
  2. 取引履歴や編集過程などを改ざんの効かないブロックチェーンに記録する「デジタル版レシート」
  3. Philips'Blockchain Lab、Microsoft社と提携

の通貨シンボルは$ 、日本語名はティリオンです。2018年10月15日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 ティリオン
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/08/27

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。

  1. ・公式サイト:https://tierion.com/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/tierion
  3. ・ホワイトペーパー:https://tokensale.tierion.com/TierionTokenSaleWhitePaper.pdf

とは

Tierionはブロックチェーンをグローバルなプラットフォームに変えて、データ、ファイル、ビジネスプロセスを検証します。医療記録からオンライン購入までのすべてを検証するためにブロックチェーンが使用される未来が見えます。私たちは、データを収集してブロックチェーンにアンカーするためのAPIとツールを作成することから始めました。

About Tierionより引用

Tierionはあらゆる種類のデータをブロックチェーン上にアンカー(記録)することでデータの正当性とタイムスタンプを保管するプロジェクトです。

取引履歴や編集過程などを改ざんの効かないブロックチェーンに記録することでデータ保全の安全性が高まり、外部への証明としても利用できるため「デジタル版のレシート」のような役目を担います。

複数のウェブアプリを連携できるZapierというアプリですでに利用可能なことや、Philips'Blockchain Lab、Microsoft社と提携したことで大きな注目を集めました。

の評判・将来性

期待値が非常に高いプロジェクトの一つで中規模取引所Liqui上場時から注目を集めていましたが、ビットコイン高騰のあおりを受けて価格は低迷していました。

大手取引所Binanceに上場したことで流動性が高まり、知名度がさらに高まったことから価格が復調傾向にあり、日本語での情報も多く広まっているのでジャパンマネーによる高騰が近いうちに期待できるでしょう。

が買える取引所

(ティリオン)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし