BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

幅広いコンテンツを管理・公開できるプロトコルを提供するTRON $TRX とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

幅広いコンテンツを管理・公開できるプロトコルを提供するTRON $TRX とは

  1. 幅広いエンターテイメントコンテンツを管理・公開できるプロトコルを提供するプロジェクト
  2. 動画、ブログ、写真、生放送などあらゆる形のインターネットコンテンツがブロックチェーン上で管理される
  3. 個人によるICO実施もプラットフォーム上で可能になる予定。単なるSNSよりも大きなエコシステムを構想

の通貨シンボルは$ 、日本語名はトロンです。2018年10月20日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 トロン
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/09/13

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。

  1. ・公式サイト:https://tronlab.com/en.html
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/Tronfoundation
  3. ・ホワイトペーパー:https://dn-peiwo-web.qbox.me/Tron-Whitepaper-1031-V18-EN.pdf

とは

TRONは、ブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いて世界的な無料のコンテンツエンターテイメントシステムを構築することを目指すブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。

このプロトコルは、各ユーザが自由にデータを公開、保存、所有することを可能にし、分散された自律的な形態で、コンテンツの配信、購読およびプッシュを決定し、デジタル資産をリリース、流通および処理することによってコンテンツクリエータを可能にすることで、分散型コンテンツエンターテイメントエコシステムを形成する。

TRONより引用

TRONはブロックチェーン技術と分散型ストレージにより幅広いエンターテイメントコンテンツを管理・公開できるプロトコルを提供するプロジェクトです。

動画、ブログ、写真、生放送などあらゆる形のインターネットコンテンツがブロックチェーン上で管理されることで、コンテンツ提供者・配信者は従来のようなApple StoreやGoogle Playのような中央管理者に多額の手数料を支払うことなくコンテンツ発信ができます。

個人によるICO実施もプラットフォーム上で可能になる予定であり、単なるSNSよりも大きなエコシステムを構想しています。

TRONのICOはBinance上で行われたものの、2017年9月の中国当局によるICO規制の影響を受け、一時当該取引所での取引が一旦停止されました。

の評判・将来性

総発行枚数が1000億枚と非常に多く、これまでEthereumアドレスあてにエアドロップも行われました。

一枚あたりの値段を見ると非常に安いため魅力的に思えますが、すでに時価総額順位の20位近くまで上昇しているため、ここからトークン一枚あたりの価値が数十倍になるのは考えにくいです。

が買える取引所

(トロン)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし