BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

RFIDとブロックチェーン技術でVIoTを実現するプロジェクト$WTC とは

   
現在の の価格(1枚あたり)
BTC
 

RFIDとブロックチェーン技術でVIoTを実現するプロジェクト$WTC とは

  1. ブロックチェーン技術によりVIOT(価値・モノのインターネット)を実現するプロジェクト
  2. 実世界のRFIDタグとインターネットのブロックチェーンを組み合わせる
  3. 物の所有権や追跡性が明らかになり、IOT(モノのインターネット)を加速させる

の通貨シンボルは$ 、日本語名はウォルトン/ワルトンです。2018年10月16日現在、市場に流通している量は 枚です。現在の1枚あたりの値段は、 円、 BTCです。

直近24時間の価格変化は、 %です。
の基本情報
英語名
通貨シンボル
日本語名 ウォルトン/ワルトン
流通量
総発行枚数
時価総額
時価総額ランク 位/1560 位
発行日 2017/08/27

の通貨タイプはイーサリアムトークンです。

  1. ・公式サイト:https://www.waltonchain.org/
  2. ・Twitterアカウント:https://twitter.com/Waltonchain

とは

Value Internet of Thingsの実現により、ブロックチェーンとインターネットの有機的統合に基づいて、新しいビジネスエコシステムが構築されます。 これにより、ブロック・チェーン・テクノロジーがInternetからThings of Thingsに拡張され、RFIDテクノロジーとウォルトン・チェーンの組み合わせによって、完全に共有されたデータと透過的な情報を持つ、本物で信頼できるトレーサブルなビジネスモデルが生み出されます。

Waltonchainより引用

Waltonはブロックチェーン技術によりVIOT(価値・モノのインターネット)を実現するプロジェクトです。

実世界のRFIDタグとインターネットのブロックチェーンを合わせることで製造業をはじめあらゆる物質をブロックチェーン上で管理することが可能となります。

ブロックチェーン技術を利用することで所有権や追跡性が明らかになり、IOT(モノのインターネット)を加速させる仕組みに期待が集まっています。

公式動画

の評判・将来性

大手取引所Binanceで取引されているWaltonは2017年9月から10月にかけて10倍以上の価格上昇を見せて市場参加者を驚かせました。

非常に人気の高いトークンでありコミュニティーメンバーも多いため、長期的に安定した価格上昇が期待できる投資対象です。

が買える取引所

(ウォルトン/ワルトン)を購入したり、売却することのできる取引所は下記の取引所リストから確認できます。

購入・取引できる海外取引所

購入・取引できる国内取引所

なし