BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

【送金方法】Binance(バイナンス)から通貨/コインを送る方法・手順を画像付きで解説

【送金方法】Binance(バイナンス)から通貨/コインを送る方法・手順を画像付きで解説

タイトルとURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

取引高世界1位のバイナンスから他の取引所や個人のウォレットに通貨を送金する/送り出す方法を解説します。

最初は難しいと感じるかもしれませんが慣れてしまえば簡単な作業なので、この記事で取り上げるいくつかのポイントに注意しながら送金を行いましょう。

1.「Balances」をクリック

Binanceにログインした後、左上の「Funds(資産)」にカーソルを合わせると表示される「Balances(預金残高)」をクリックしましょう。

2.送金したい通貨を検索

通貨の名前が並んだページが表示されるので、検索ボックスに受け取りたい通貨の名前を入力します。

この記事ではEthereumを送金するという仮定で話を進めるので「Ethereum」あるいは「ETH」と入力しました。

3.送金情報入力ページを表示

ETHの「Withdrawal(引き出し)」をクリックしましょう。

送金情報を入力する画面が表示されます。一つずつ見ていきましょう。

ETH Withdrawal Address(ETH送金先アドレス)」の横にある三角ボタンをクリックすると表示される「Use New Address(新しいアドレスを使う)」をクリックします。

「Label(ラベル)」と「Address(アドレス)」が表示されるので、「Label(ラベル)」に受け取り側の取引所の名前(例:Zaif、HitBTCなど)、「Address(アドレス)」に送金先アドレスを記入します。

このように「Label(ラベル)」と「Address(アドレス)」を入力したら、次は送金額を設定します。

Amount(金額)」と書かれた空欄に送金額を入力しましょう。

送金額を設定する際に注意しなければならないのが「Minimum withdrawal(最低引き出し額)」と「Transaction Fee(取引手数料)」です。

ここでは「Minimum withdrawal(最低引き出し額)」が0.1 ETHなので、これ以上の送金額を設定しなければなりません。この最低引き出し額は通貨によって異なるので、通貨毎に確認しましょう。

また「Transaction Fee(取引手数料)」は送金額から引かれます。例えば、1ETHを送金した場合、この送金額から取引手数料として0.01ETHが引かれるので、実際に送金されるのは0.99ETHとなります。

先の画像では取引手数料は0になっていますが、送金額を入力するとその通貨毎に設定された取引手数料が表示されるので、最低引き出し額同様確認してください。

送金する通貨、送金先、送金先アドレス、送金額などに問題がなければ「Submit(提出する)」をクリックして送金しましょう。

4.メールボックスを確認

この画面が表示されると登録しているメールアドレスに確認メールを送信されます。この確認メールをチェックしないと送金手続きが完了しないので、メールボックスに行きましょう。

以上のようなメールが届いているので、「Confirm Withdraw(引き出しを確認)」をクリックします。

これで送金手続きは完了です。あとは実際に送金されるまで待機しましょう。

5.実際の送金の様子

実際にEthereumを送ってみました。

送金手続きが完了してから14分ほどで送金されました。