BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

【受取方法】Bitfinex(ビットフィネックス)で通貨/コインを受け取る方法・手順を画像付きで解説

【受取方法】Bitfinex(ビットフィネックス)で通貨/コインを受け取る方法・手順を画像付きで解説

タイトルとURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインの取引高が世界最大級の取引所Bitfinexは有望なアルトコインを取り揃えていることでも知られています。

このページではBitfinexで通貨を受け取る方法をステップごとに画像付きで解説します。

1.Depositをクリック

ログインするとこのような画面になります。右上の「Deposit」をクリックしましょう。

2.受け取る通貨を選択

通貨の一覧が表示されます。ここではEthereumを受け取るパターンを紹介するので、「Ethereum」をクリックします。

3.二つのチェックボックスにチェックを入れる

通貨ごとの手数料が書かれたページが表示されます。

Bitfinexでは1000ドルに相当する額より少ない入金だと手数料がかかります。できるだけ1000ドル以上の金額を受け取るようにした方が良いでしょう。1000ドルを下回る場合は、その通貨ごとに手数料がかかり、例えば、Ethereumなら0.0027 ETHの手数料がかかると記載されています。

この少額の入金に手数料が発生するという内容に同意したら、「Yes」の横にある2つのチェックボックスにチェックを入れ、「I understand. Continue.」をクリックしましょう。

4.再度受け取る通貨を選択

再び通貨の一覧が表示されます。受け取りたい通貨をクリックしましょう。Ethereumを受け取るという話だったので「Ethereum」をクリックします。

5.入金用アドレスを取得

「Exchange Wallet(取引ウォレット)」の「Click to generate address(入金用アドレスを作成)」をクリックしましょう。

Ethereumの入金用アドレスが表示されました。これをコピーし、送金側にペーストしたら受け取り側の手順は終了です。

6.注意事項

今回はEthereumを受け取る流れだったので、Ethereumの入金用アドレスを取得しました。必ず受け取る通貨に対応した入金用アドレスを取得しそこに送金してください。入金用アドレスを間違えてしまうと送金できなかったり、送金したはずの通貨を失ってしまうことがあります。

よくある間違いとして、EthereumをEthereum Classicの入金用アドレスに送ってしまうといった似た通貨の入金用アドレスに送金してしまうことが挙げられます。送金時には入金用アドレスが正しいのか確認する癖をつけましょう。

7.実際の受け取りの様子

実際に個人のEthereumウォレットから5ETHを送金しました。今回はイーサリアムネットワークが混雑していなかったので10分もかかりませんでした。

Bitfinexの場合1000USD相当以上のデポジットは手数料無料ですが、それ以下の場合は手数料が発生するので気をつけましょう。