BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

【登録方法】bitFlyer(ビットフライヤー)取引所でアカウント作成/口座開設する方法を画像付きで解説

【登録方法】bitFlyer(ビットフライヤー)取引所でアカウント作成/口座開設する方法を画像付きで解説

タイトルとURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビCMでも最近見るようになった、ビットコインの取引量が日本一の大手取引所がbitFlyer(ビットフライヤー)です。1000円程の金額から少額でもビットコインや他の通貨が購入・売却できるのがビットフライヤーの特徴です。

このページではビットフライヤーで仮想通貨を買うための準備段階であるアカウント解説の方法を画像と一緒に紹介します。

1.アカウント作成

まず、bitFlyerのホームページに行きます。

BitFlyer公式ホームページ

メールアドレスを記入するか、Facebook、Yahoo ID、Googleで作成することができます。

今回はメールアドレスを記入してアカウントを作成したので、その流れで解説します。空欄にメールアドレスを記入し、「アカウントを作成」をクリックしましょう。

2.メールを確認

メールアドレスを記入すると、

  • キーワード
  • bitFlyerログイン用メールアドレス
  • 初回パスワード

が記載されたメールが届きます。

そのメールに書かれているリンクをクリックするか、下記の画像のように表示された空欄に「キーワード」を入力し、「アカウント作成」をクリックします。

3.本人情報の登録

アカウントの作成に成功すると下のような画面になります。

チェックリストに書かれたものをよく読み、全てのチェックボックスにチェックを入れて次のページに進みます。

上のような画面が表示されるので「まずは取引時確認の入力からはじめる」をクリックしましょう。

画面に従い、上から情報を入力していきます。入力したら「登録情報を確認する」をクリックし、適切に情報が入力されていることを確認します。これで本人情報の登録は終了です。

4.本人確認書類の提出

本人情報を登録しただけではまだ取引は始められないので、次に「ご本人確認書類のご提出」をクリックします。

上のようなページが出るので、運転免許書などの本人であることを確認できる書類をアップロードしましょう。

利用できる本人確認資料は下記の通りです。

  • 運転免許証(裏面も提出)
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)(裏面も提出)
  • 各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)(裏面も提出)
  • 各種健康保険証(紙型健康保険証)
  • 各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)
  • 各種福祉手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し
  • 在留カード(裏面も提出)
  • 特別永住者証明書(裏面も提出)

指定された確認書類を提出すると、ホーム画面の「ご本人確認書類のご提出」の横に承認待ちと表示されます。

5.取引目的確認等の確認

次に、「お客様の取引目的確認等のご確認」をクリックします。

各項目の入力を終えた後、「入力する」をクリックします。

ホーム画面に戻ると、上のように「お客様の取引目的確認等のご確認」の横に入力完了と表示されます。

これで登録作業はほぼ完了です。実際に取引を開始する前にbitFlyerから確認の手紙が届くのでそれを待ちましょう。

6.郵便物の到着→利用開始

申し込みから1日でbitFlyerから手紙が届きました。日本円を入金して取引を始めましょう。