BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

【送金方法】Coincheck(コインチェック)から通貨/コインを送る方法・手順を画像付きで解説

【送金方法】Coincheck(コインチェック)から通貨/コインを送る方法・手順を画像付きで解説

タイトルとURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンから簡単にアルトコインが購入できるコインチェックから他の取引所や個人ウォレットに通貨を送金する方法を解説します。

初めて仮想通貨を送金する人は1ステップずつ解説を読みながら送金作業を行ってください。

1.「ウォレット」をクリック

Coincheckにログインすると以上のようなページが表示されるので、左上の「ウォレット」をクリックしましょう。

コインを送る」をクリックします。

2.「コインを送る」ページに移動

このようなページが表示されます。一つずつ見ていきましょう。

送りたいコインを選択します。ここではEthereumを送るという仮定で話を進めます。「Ethereumを送る」をクリックしましょう。

3.送金先の設定

送金先リストを作成します。「送金先リストの編集」をクリックすると、「新規ラベル」と「新規宛先」という空欄が表示されます。「新規ラベル」にはCoincheckやZaifなどの送金先の名称を入力しましょう。「新規宛先」には送金先のアドレスを入力します。一度設定すると次回以降は再度入力する必要はなくなるので便利です。

例えばBinanceにEthereumを送る場合であれば、「新規ラベル」にはBinance(ETH)、「新規宛先」にはBinanceのEthereumのアドレスを入力し、「追加」をクリックしましょう。

保存」をクリックします。これで送金先リストを作成することができました。

送金先のアドレスは一文字でも違うと送金できなくなります。一度決定した送金は取り消すことができないので、しっかりコピー&ペーストできているのかどうかを確認してください。よくあるミスとしては、最初の文字または最後の文字までドラッグできていないのにも関わらず、そのままコピー&ペーストしてしまうことです。

最初と最後の文字が正しいことを確認する癖をつけていきましょう。

またこうしたミスの被害を最小限にするために、最初は少額から送金することをおすすめします。少額で送金できることを確認してから、送金したい額を送るようにしましょう。

4.送金額の入力

送金先リストを作っておくと「宛先」のところから送金先を選択できるようになります。送金したい送金先を選択しましょう。

金額」には送金したい金額を入力します。「送金可能額」内に収まるように入力しましょう。

ちなみに「手数料」は「残高」から引かれます。例えば、残高が0.2ETH、送金額が0.05ETH、手数料が0.01ETHだと、送金が完了すれば残高から送金額の0.05ETHと手数料0.01ETHが引かれ、残高は0.14ETHとなります。Coincheckでは、送金額から手数料が引かれることはありません。

問題がなければ「送金する」をクリックし、送金の手続きが始まります。あとは送金が完了するのを待つだけです(その時の混雑具合などによって送金の手続きにかかる時間は変わります)。

5.実際の送金の様子

実際に送金できると上のように「完了」と表示されます。

今回ETHの送金が混雑していたようで、送金が完了するまでに4日程かかりました。時間に余裕を持って送金するのが良いでしょう。