BTC/JPY 円 | ETH/JPY 円 | XRP/JPY

【送金方法】Zaif(ザイフ)から通貨/コインを送る方法・手順を画像付きで解説

【送金方法】Zaif(ザイフ)から通貨/コインを送る方法・手順を画像付きで解説

タイトルとURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Coincheck、bitFlyerと並んで国内最大級の仮想通貨取引所Zaifは独自トークンであるZaifトークンやCOMSA、Pepecashなどユニークな通貨を上場させています。

このページではZaifから通貨/コインを他の取引所や個人ウォレットに送金する方法を画像付きで解説します。

1.送金情報入力ページを表示

ログインするとこのようなページが表示されるので、右上の「アカウント」をクリックします。

入出金と履歴」をクリックしましょう。

送金したい通貨の画像」をクリックした後、「出金」をクリックしましょう。ここではEthereumを送金する流れで進めるので、Ethereumの画像をクリックします。

2.送金情報の入力

送金情報を入力する画面が表示されます。上から「出金アドレス」に「出金先アドレス」、「出金金額」に「送金したい金額」、「2段階認証トークン」に「二段階認証」を入力します。入力し終えたら「出金」をクリックしましょう。

ちなみに送金する際には手数料がかかるので、赤枠で示されている部分で手数料がどれくらいかを確認してください。

送金できる金額は資産から手数料を引いたものになります。例えば0.1 ETH持っている場合、手数料は0.02 ETHかかるので、送金できる金額は0.08 ETHとなります。

送金情報入力画面の下の方に「出金履歴」があり、そこで今入力した送金情報を見ることができます。

左から日時、送金額、手数料、TX(トランザクション)となっています。TX(トランザクション)の部分がまだ「出金準備中」となっていますが、処理が完了すると以下の画像のようにTXID(トランザクションID)が発行されます。

赤枠部分のように、TXID(トランザクションID)が発行されたら送金側の手続きは終了です。

3.実際の送金の様子

実際にETHを送ってみました。Zaifの方でTXID(トランザクションID)が発行されてすぐに受け取り側で受け取ることができました。